2019年02月23日

映画『ギルティ』目を離せない88分

映画『ギルティ』を観て来ました。

先日、YouTubeのCMで知りまして、初日の22日(金)に行きましたとも!
場所は毎度お馴染み、桜木町駅前のブルク13にて。
席はガラガラでした。



デンマークの警察の緊急通報指令室。
アスガー・ホルムは、女性からの電話を受けました。

助けて・・・

拉致(誘拐)された本人からの通報です。
車で連れ去られていて、殺されるかもしれないとの事。

アスガー・ホルムは事件解決の為、緊急通報指令室から、別の地域の警察や相棒(警官は基本的に二人組み)などに電話します。
拉致(誘拐)されたのは誰?
拉致(誘拐)したのは誰?

普段、ストーリーには極力触れないようにしていますが、この『ギルティ』だともう終わりです。
これ以上語れません。
それ程、・・・・なのです。

では見どころは何か。

アスガー・ホルムを演じるヤコブ・セーダーグレンの演技

何と言ってもコレでしょう。
ヤコブ・セーダーグレンが、彼の心情を『これでもか!』というぐらい撃ち込んできます。
実際、焦り、苛立ち、空虚、感謝など、全ての機微が、移り変わった瞬間に伝わってきました。

そして、それを生み出すのが

カメラワークと音

です。
怒りを表すシーンではヤコブ・セーダーグレンのヒゲや汗が分かるぐらい画面いっぱいに大きく映し、落ち込んだときは小さめになります。
またクライマックスに向けて、部屋を移動して暗くし、雑音をシャットアウトします。
全ては、観客の視線をヤコブ・セーダーグレンに集中させるためです。

あとは言えません。
ストーリーに絡んでくるのでダメでした。
いや、本当にあるんですけど言えません。
↓言えないので、珍しく非表示にしました。見たい方はマウスで選択してください。

・シーン切り替え
この映画、実は、警察の緊急通報指令室しか出てきません。
拉致された女性も相棒も、他人の行動は伝えられてきた電話越しで、映像には出てこないのです。
中盤で気づきました。

・登場人物
画面に現れる登場人物も、主人公の他は、緊急通報指令室にいる数名の警察官だけ。
99%の場面でヤコブ・セーダーグレンが出てきます。
ヤコブ・セーダーグレンが出てこないのは、ヤコブ・セーダーグレン目線で他人を映したシーンのみという徹底ぶり。

この映画、製作費がメチャクチャ安いですよ・・・
それでいてこの緊張感は素晴らしい!
お金をかけなくても良い映画を作れるという代表作品ですね。

この映画は『カメラを止めるな!』よりも低予算でしょうね。
ちなみに、去年の夏に『カメラを止めるな!』を観たのに、ブログで紹介していない事に、今日気づきました。



いやー、重い映画でした。
ヤコブ・セーダーグレンの演技も、ストーリーも重かった。

そしてラストも衝撃を受けました。
食欲が失せる程の衝撃でしたよ。

サスペンス好きの方は是非どうぞ。
※サスペンス(英語: suspense)は、ある状況に対して不安や緊張を抱いた不安定な心理、またそのような心理状態が続く様を描いた作品。
Wikipediaより。


以上、映画『ギルティ』のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年02月22日

城プロ(2019年2月)16

御城プロジェクト:RE(おしろぷろじぇくと・あーるいー:以下、城プロ)のお話です。

本日は緊急出兵『髑髏の聲をきくがよい』へ行きます。

『前』です。
妖怪には、なんと言ってもあづにゃん!
でも置いた場所がハズレでした。

しょうがないので、レベルにものを言わせて、そこそこの敵を倒して終わり。
大坂城全く意味なし。

blog2019_0222_01.png



『後普』です。
今度こそ、あづにゃんが最前線!
非常に頑張ってくれました。
ここまでは・・・

blog2019_0222_03.png



『後難』!
念の為にマルボルクを入れて、左奥に置いたんですよ。
そしたら、無敵のはずのマルボルクがやられちゃいました。
右から侵攻してくる『がしゃどくろ』に気を取られて、巨大化を忘れました。

と言うか、かまいたちが強過ぎる・・・
1戦目は屈辱の撤退です。

blog2019_0222_04.png



まさかの『後難』2戦目。
気を付けるのは2点。
マルボルクを丁寧に扱います。
さらにシュノンソーを早めに置き、王妃置きまくり作戦でいきます。

blog2019_0222_05.png



今のところ、マルボルクは残ってます。
これは中々厳しいですね。
『後難』なのに、こんなに難しいとは!

blog2019_0222_06.png



本来なら真っ先に最大化しなきゃいけない彦根も最大化が残ったまま。
いつ回復がひつようになるか分からないから。
でもこれでクリア行けました!
まだ『後難』だっちゅーに、今回はどうなってるんでしょう。

blog2019_0222_07.png


短くて済みません。
『絶普』はまた明日です。
ではまた次回に!
posted by エカテリーナ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 御城プロジェクト:RE

2019年02月21日

城プロ(2019年2月)15

御城プロジェクト:RE(おしろぷろじぇくと・あーるいー:以下、城プロ)のお話です。

合戦?
大事なのは招城でしょ?
今週はシャンボールを迎えに行かねば!
注目1へゴーゴー♪

blog2019_0221_01.png


おおおお!!!
レインボー!
レインボー、オーイェー♪
歓喜!

blog2019_0221_02.png



あ???
まさかの石山御坊!

blog2019_0221_03.png



来てくれた娘さん達。
もうお馴染みのメンバーですな。

blog2019_0221_04.png



石山御坊は、大坂城、[正月]大坂城、モンサンミッシェル、勝竜寺に続いて高レア歌舞4人目。
これで村上ゆいち先生の娘で来ていないのは錦城とマエカナのみとなりました。

blog2019_0221_05.png



確率変更後の招城結果です。
縦の列は、左から100円招城で来てくれた娘、10連招城で来てくれた娘、単発(霊珠5個)で来てくれた娘を示します。
最下段が合計で、100円招城はこれまでに129回(129人)、100円招城は95回(950人)、トータル1,079人です。

横の行は、それぞれで来てくれた娘のレア度で、1行目のレア7はこれまでに12人。
トータル1,079に対する比率は1.1%となります。
運営の公表する、レア7の招城確率は1.0%なので大体同じ。
同様にレア6も3.7%、レア5も11.6%と、ほぼ想定通りです。
最初からずっと同じペースなので、これからもペースは変わらないでしょう。

blog2019_0221_06.png



合戦は明日から行きます。
石山御坊は絶対に使わないでしょうけど。

ではまた次回に!
posted by エカテリーナ at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 御城プロジェクト:RE

2019年02月20日

城プロ(2019年2月)14

御城プロジェクト:RE(おしろぷろじぇくと・あーるいー:以下、城プロ)のお話です。

今週もやって来ました、アップデート。
バレンタインイベントが終わり、何が来るんでしょうか!
ちなみに、去年(2018年)はレア5娘ドロップイベントが一週間あり、そのあと『もうすぐ2周年!感謝キャンペーン』でした。
ってことは『もうすぐ3周年』が来る???
と、そんな話はおいといてアプデ内容を見てみましょう。

  1. 緊急出兵『髑髏の聲をきくがよい』
  2. 復刻出兵『討伐武将大兜!山県昌景』
  3. 新城娘
    エステンセ城
  4. 改壱追加
    シャンボール城
    城塞都市アビラ
  5. 千狐珠交換所の城娘変更
    シャンボール城
    エステンセ城
    高天神
    ノイシュ
    城塞都市アンベール
    城塞都市アビラ




緊急出兵は妖怪イベントの『髑髏の聲をきくがよい』。
平MAPなので大阪を出したいところですが、『怨念』により歌舞のパワーが低下させられてるので、そうはいきません。
と言うか、歌舞の回復が、妖怪にダメージを与える設定がおかしいんですよ。
この『怨念』の採用は妥当でしょう。
一週間イベントなので、クリアはお早めに。



復刻出兵は『討伐武将大兜!山県昌景』。
山県昌景と言いつつ、出てくるのは前後だけ。
絶では娘達が襲ってくるんですよね。
クリア済みなので、私はスルーです。



新城娘はエステンセ城。
武器は新しく追加された琵琶!!!
じゃなくて、普通の歌舞でした。
レア6の平の歌舞。



改壱追加はシャンボール城と城塞都市アビラ。
シャンボール城は特技が『全敵の攻撃が20%低下』にアップ、さらに『攻撃後の隙を15%延長』が付きました。
計略ではなく、特技で発生するのがポイント。
浜松と組ませたら、最強じゃないすか。
でも、ウチの槍は彦根と松江城ちゃんと伊予松山の3人で、もう充分なんですよね。
聚楽城なんて、全く使ってないし。



千狐珠交換所の城娘変更はシャンボール城にエステンセ城、高天神、ノイシュなどなど。
今週はスルーですね。
あっさり。



以上が今週のアプデ内容。
今週は『髑髏の聲をきくがよい』をクリアして、あとは委任ですね。
来週に期待しましょう。

短いですが、また次回に!
posted by エカテリーナ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 御城プロジェクト:RE

2019年02月18日

城プロ(2019年2月)13

御城プロジェクト:RE(おしろぷろじぇくと・あーるいー:以下、城プロ)のお話です。

このアカウントで城プロを始めたのは2016年の12月。
2年と2カ月が経ちました。
本日は、その間に来てくれた娘さん達を、図鑑を使ってご紹介いたしましょう。

城娘の総勢は現在348人で、来てくれたのは266人。
つまり、レア7とレア6がほぼいないって事ですな。
ちなみに、いないのは上からノイシュ、万里、姫路、プラハ、紫禁、ウィンザー、カルカソンヌ、シェンブルン、錦城、シャンボール、[正月]くまモン、烏城などなど。

blog2019_0218_01.png



続いて2枚目。
スイグスク、[正月]大坂城以外は分かりません。
レア6でいないのは佐和山、石山御坊、マエカナ、躑躅ヶ崎、宇和島、内城。
これらのいない娘を招城でピンポイとに引き当てるのは不可能と思われます。

blog2019_0218_02.png



3枚目。
こちらもレア6娘です。
いないのは上田城、[夏]犬山城、[夏]指月伏見、エディンバラ、高天神、高遠城、[ハロウィン]ユッセ、長門指月、リーズ、[正月]信貴山。
[正月]信貴山は欲しい!!!

blog2019_0218_03.png


4枚目。
なんてこったー!
全くいない!
こんなにいないとは思ってなかったので、見て愕然としました(本当)。

blog2019_0218_04.png



想像以上にスカスカでした・・・
2年やってこれじゃ、

で、どうするか。
8ステップラストの確定レア7を狙うのが最良なんでしょう。
何より、羅紗[改壱]を貰えるし。
我慢・・・できるかなぁ・・・

ではまた次回に!
posted by エカテリーナ at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 御城プロジェクト:RE