2019年03月10日

マンガ『グレイプニル』5巻

『グレイプニル』祝アニメ化
読んだのは2018年ですが、アニメ化を記念して紹介させていただきます。




宇宙人の乗った宇宙船が墜落し、宇宙人の仲間が、ある町で散り散りになってしまいました。
宇宙人が言うには、

町に落ちているコインを拾ってくれば、1枚に付き願い事を1つ叶えてあげるよ

との事。
力を求める者たちの戦争の始まりです。

主人公は高校生の加賀谷修一(かがや しゅういち)。
ある日を境に、ぬいぐるみに変身できるようになりました。
ぬいぐるみなのは見かけだけの話で、中身は人間の何倍もの力を持ったバケモノ。
細かい事は分かりませんが、変身できるようになった原因は最初に書いた宇宙人のせいです。
そんな願いをしていないのに変身できるようになったのは、加賀谷修一を好きな女の子のせいですが・・・

また変身できるようになった人間は大勢いて、コインを求めて殺し合いを始めます。
そうこうしているうちに、強者を中心とした幾つかのグループが自然と出来上がり、加賀谷修一も中堅グループで活動することになります。

5巻では、敵対するグループを1つ潰しますが、その分、超強力な敵が新たに登場します。
つまり、話は殆ど進んでないって事。
折角、加賀谷修一が持つ特殊な能力が4巻で明らかになったのに、それも出てこないし。

3月19日に発売される、6巻に期待ですね。
連載は月刊マガジンサード。
流石にマガジンサードまでは読んでいないので、単行本を楽しみに待っております。

そしてアニメ化
グロで、無駄にエロいこのマンガ(いつもながら失礼)を、どんな風にアニメ化するんでしょう。
可愛いのは加賀谷修一が変身したぬいぐるみ姿だけだっていうのに(そんなことはありません)。



さてさて、講談社のコミックデイズでは、アニメ化を記念して、グレイプニル1巻が無料で公開されてます。
3月13日12時までなので、お早めにどうぞ。
と言うか、ギリギリの報告ですみません。




しかし、よく考えると宇宙人ネタって最強ですよね。
どんな設定も、『宇宙人だから』で済んじゃう。
いや、そんな話じゃなくて。

以上、マンガ『グレイプニル』5巻のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ