2019年04月02日

映画『翔んで埼玉』世界埼玉化計画へ

映画『翔んで埼玉』を観て来ました。
今回は封切りから随分と時間が経ってますけど・・・
そう! 毎月1日は映画の日で料金が安い(1,100円)から(いきなり失礼)!

場所はいつもの桜木町駅前のブルク13です。
館内ガラガラかと思ったら、30人位いて驚きました。
未だに人気あるんですね(自分も見に行ったクセに)。



今更、内容を説明するまでもないでしょう。
この映画を象徴するセリフとして、
病気で保健室に行きたいと言う埼玉県民に対し、東京都民から

埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ!

という言葉が発せられます。

そう、埼玉県(県民)をいじって笑いを取る映画。
いえ、埼玉だけでなく千葉や群馬、栃木をもディスる映画でした。

つまらなかったです。
なんてアホらしい作品でしょう。
他の県をバカにする意味なんて無いでしょうに。
※あくまでも個人の意見です。

この映画を楽しめるのは埼玉県民だけだろうと思います。
※重ねて言いますが、あくまでも個人の意見です。

このようにボロクソにけなした本作ですが、評価すべき点も少しありました。

・主人公役のGACKTの演技がまともだった。と言うか良かった。
・千葉解放戦線の女性がキレイだった。小沢真珠だった。
・上記、小沢真珠が使っていたサザエの形をした携帯電話がカッコよかった。
・エンディングで『はなわ』による千葉の歌が流れ、そこだけ笑えた。
 エンディングを楽しいと思ったのは初めて。
・埼玉と千葉出身の企業紹介があって勉強になった。
・同様に、出身のタレント紹介があって勉強になった。

と、こんな感じ。
埼玉県民、そしてGACKTファンの方なら楽しめると思います(増えた)。
決して、

好評らしいから、観に行こう

程度では行ってはいけません。
私のように後悔するだけです。

以上、映画『翔んで埼玉』のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画