2019年05月06日

マンガ『アスペル・カノジョ』1〜3巻

マンガ『アスペル・カノジョ』を読みました。

またやられてしまった・・・
Amazon Kindleのオススメにあがっていた無料の1巻を読んだら止まらなくなり、2巻、3巻と続けて買ってしまいました。
しかもコミックDays(講談社の公式サイト)で単行本の続きを、単話でゴッソリ買う始末。
ホント、Amazon Kindleのオススメは極悪です。

  



ある日、絵が上手くなくて(作中で本人談)、売り上げも芳しくない(便利な日本語)マンガ家の横井拓(よこいたく)の部屋に、ファンの斉藤恵(さいとうめぐみ)がやって来ました。
ブログに載せた写真を元に住所を割り出し、アポも無しに突然に。
斉藤恵は発達障害(アスペルガー症候群)でした。

作中の言葉を借りると、発達障害は多種多様だが共通事項もある。
例えば、

知的は問題ない
人見知りが多く、独りぼっちを好む
依存性が高い
コミュニケーション(会話)能力が低い
自分の発言で、他人がどう反応するかを想定できない
会話の流れを読めず、関係ない話を突然始める
潔癖症が多い
キレやすい

などの特徴があるそうです。

ツライなぁ・・・

って、他人事ではなかった。
診断クイズではありませんが、私はかなりの項目が当てはまる!

いえ、私の事はさておき、マンガの話です。
驚いたのが、当人が簡単にパニック障害を起こす事。
例え幸せな時であっても、その幸せを失った時の事を想像し、発作を起こすのです。
そうなると止まらなくなり、カッターでリストカットしてしまう。

生き辛い・・・

読んでいて涙が出そうになります。

厳しいマンガを買ってしまいました。
天然ボケな彼女との、明るい話かと思ったのに・・・
でも後悔はしてません。



と、こんな重いけど、その分、読んでいてドキドキするマンガ。
今なら1巻を無料でで読めますので、お試しください。

連載はコミックDaysで、最初の2話と最新の2話が無料開放中
こちらだと単話でも読めます。

  



以上、マンガ『アスペル・カノジョ』1〜3巻のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ