2019年09月07日

マンガ『僕の心のヤバイやつ』1〜2巻

マンガ『僕の心のヤバイやつ』1〜2巻を読みました。
系統は『からかい上手の高木さん』ですが、もっとダイレクトに響いてきます。
正直に言って、絵だけで判断して敬遠してたんです。
でもこれは読まないと損をする!

 


主人公は中学2年生の、まさしく厨二病をこじらせた市川 京太郎(いちかわ きょうたろう)。
頭の回転が速く、相手の心中を気遣い出来る優しい子ですが、自分に対する好意には鈍感な男子。
ヒロインの山田 杏奈(やまだ あんな)が気になってしょうがない。

その山田 杏奈は同級生ながら、読者モデルをするほどの美貌とスタイルを持った、学年のトップカーストの女子。
市川 京太郎とは対照的な存在で、友人に言わせるとレベル99勇者とスライム位の差がある状態。

第一話では、会話した事が無かった為に、侮蔑にも似た冷たい視線を向けられていました。
それが、図書室で会ったのをきっかけに会話が増え、段々と仲良くなっていきます。

山田 杏奈も、市川 京太郎の事が気になってしょうがない。
もう自分(山田 杏奈)が市川 京太郎の事を好きだと分かっている様子。
なのに市川 京太郎は曖昧なままで話が進んでいきます。

そして第2巻。
普段、ネタバレには気を付けてる私ですが、このマンガに関しては敢えて言いたい。

市川 京太郎も山田 杏奈の事を好きだと、ハッキリと自覚します。
その時の市川 京太郎の表情で、山田 杏奈も完全に恋に落ちます。

もうね・・・
このシーンが本当に素晴らしかった!
それまでのギャグからの展開。
小さなコマ割りから、一気にページぶち抜きへのインパクト。
そこに出て来た魅力的な表情の女の子!
このシーンを見る為に、是非是非、皆さんにも読んでいただきたいのです。



少年チャンピオンで連載し、今はWebの『マンガクロス』に移りました。
最初の3話に、番外編2話、そして最新の3話を読めますので、無料会員登録の上、『マンガクロス』でどうぞ。



しかし、『BEASTARS』を始め、『弱虫ペダル』『あつまれ!ふしぎ研究部』など、少年チャンピオンは良作が多いですね。
続きが気になって、単行本を買わずにいられない作品ばかり。
大したもんです(偉そう)。

 


以上、マンガ『僕の心のヤバイやつ』のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ