2019年11月18日

マンガ『娘の友達』2巻

マンガ『娘の友達』2巻を読みました。
Amazonランキング見ていたら、2巻が10位に入ってるのを見て、2巻が発売されている事を知りました。
『娘の友達』マニアを自負する、この私がなんてこったっ!
一瞬も迷うことなく、即ポチしたので許してください。

 



主人公は美少女JKの如月古都(きさらぎ こと)。
祖父の経営する喫茶店でバイトしてたら、変な大学生達に絡まれちゃって。
でも、真面目だけど不器用そうなサラリーマンのおじさんが助けてくれて、事なきを得ました。

そしたら、次の日に学校の会談でそのおじさんと再会しちゃったんですよ。
話を聞いてみたら、小学校からの親友のお父さんだったの。
小学生の時に会ってたみたいで・・・
これは恋の予感!!!

とか軽い気持ちでいたら、2巻ではドーーンと来ました。
ええ、例のアレです。
『血の轍』にも通じる毒親!
いじめとか友人の事だったら、学校に行かなきゃ良いので、まだ逃げ道ありますが、親が相手だと、どこにも逃げられないですからねぇ。
ああ、酷いマンガ(最大級の誉め言葉)。

続きが気になって、もう途中では止められません。
私のように、表紙に釣られて読んじゃった人は覚悟して最後まで行きましょう。



連載はコミックデイズという講談社の有料購読サイト。
ただ、この『娘の友達』は最初の2話と、新しい2話は無料で読めます。
毎週、木曜日に更新なので、キッチリ無料で読むのを忘れずに。

最新話では、新たな女の影が出てきて、三角関係の予感。
展開が早くて毎週ドキドキです。


 


以上、マンガ『娘の友達』2巻のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ