2020年02月01日

骨伝導ワイヤレス『AfterShokz Aeropex』シビれる!

ワイヤレスヘッドフォン『AfterShokz Aeropex』を買いました。
イエス! 骨伝導!




骨伝導。
耳内の鼓膜を通すのではなく、頭蓋骨(のコメカミの辺り)を直接振動させて、音を伝えるヘッドフォン。
ホントにそんな事が出来るの?
と疑問でしたが、自分の声や、食べ物を噛んだ時の音がこれらしいです。

で、骨伝導ヘッドフォンだと耳を塞がないので、外の音もちゃんと聞こえる。
これで自転車に乗りながら音楽を聴いていても問題ありません。
理論的には。



買ったのはAfterShokz Aeropex。
ウェアラブルネックスピーカーは自転車だと揺れて使いにくいんですよね。
なので自転車用のヘッドフォン(イヤフォン)を調べてコレにしました。
骨伝導ヘッドフォンもピンキリで3,900円から6万円までいろいろありまして、手を出せる2万円内で最も評価の高いコレに。

002b.jpg



開けた印象は普通です。
安っぽさは無いけど、豪華さも無い。
でも持ってみたら質感が高いんです。
コンパクトで軽くて、中身がぎっしり詰まってるのが分かる。

音質は・・・
本来、ヘッドフォンだと大事なのは音質のハズですが、Aeropexの場合は音の響き方でショックを受けました。
普通のヘッドフォンだと耳から真っすぐ入ってくるのが、Aeropexだと耳の上から脳みそ全域に広がる感じ。
音量を大きくすると後頭部までグワングワン響きます。

このブログでよく出てく同僚Aの奥さんが先週、5,000円の骨伝導ヘッドフォンを買ったけど、チープ過ぎて即日返品したそうです。
その同僚AにもAeropexを聴かせたら『響き方、広がりが全然違う』と言ってたので、他の製品でこれを体感出来るかは知りません。

004.JPG



同梱物は充電ケーブル2本とシリコン製ケース。
Aeropexは特殊な充電ケーブルなので2本入ってました。
後、なぜかウェストポーチ。
絶対に使わないであろう安っぽいウェストポーチ。

001.jpg



Aeropexは基本機能には全く問題ありません。
でも細かい点で問題が2つ。

私は眼鏡してるんので、この時期マスクをすると眼鏡+マスクになります。
そこにさらにAeropexを使うには装着する順番を守らないといけなかった。

マスク→眼鏡→Aeropex

の順です。
順番を守らないと、Aeropexが浮いてしまい、ズレてしまいます。

2番目がAeropexのアーム。
通常は後頭部にアームが来るので、ちょっと空を見上げたりするとアームが服にあたってズレてしまいます。
自転車に乗ってると、遠くを見た時になりますね。

まあ、他のどんな骨伝導ヘッドフォンでも起こる、根本的な問題ですけどね。



骨伝導ヘッドフォンをお考えの方は、お試しであっても安い製品を買うのは止めた方が良いです。
安い製品だと、音漏れを鼓膜から拾ってるだけですから。
購入前には視聴して聞き比べる事をオススメします。
視聴とか面倒な方はAeropexにしておけば間違い無いです。
どぞどぞ。





以上、骨伝導ワイヤレスヘッドフォン『AfterShokz Aeropex』のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺機器