2020年06月14日

マンガ『30歳まで童貞でいたら魔法少女になりました』1巻

マンガ『30歳まで童貞でいたら魔法少女になりました』1巻を読みました。
タイトルに釣られて衝動買いしたら、これがヒットでした。
絵が汚い?
大丈夫、ドンドン上手になってくし、そんなの気にならなくなるぐらい面白いから!




ストーリーはタイトルのまんま。
30歳まで童貞の男性が、ある日突然、13歳の魔法少女になってしまったお話。
同じ境遇の4人と転生し、魔法少女となります。
本来なら以前の記憶を失って純粋な魔法少女として活躍するはずだったのが、主人公だけ以前の記憶を残したままで。
しかし、そこは変に柔軟な主人公。
最初は戸惑ってましたが、置かれた環境に段々と馴染んでいきます。
作中での主人公の設定もチョロいキャラだし。



この漫画のウリはキャラの魅力。
コマはスカスカだし、綺麗な絵ではないけど、キャラが感情を出してて、魔法少女がみんな可愛いんですよ。
『化物語』や『異世界おじさん』のような超絶描き込み系も良いけど、疲れてる時は、こういうのんびりしたのが楽です(褒めてるつもり)。

ちなみに私のオススメは黒川美弥。
一人称は『拙者』だし、語尾は『ござる』だけど、素のときに出る普通の口調がこれがもう!



1巻を読んでみて面白しかったので調べたら、本家(連載)はニコニコ静画だったみたい。
で、そっちを見たら、ニコニコ静画だと全部読めちゃうんです
止まらなくなって、5周しました(本当)。

各話の後書きに読者からのファンアートとかあって、ニコニコ静画版は良いです。
皆さんも、過剰な期待はせずにニコニコ静画に行ってください(要ログイン)。
そして、このマンガのユルさにハマりましょう。





以上、マンガ『30歳まで童貞でいたら魔法少女になりました』1巻のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ