2019年02月26日

マンガ『絢爛たるグランドセーヌ』12巻

『絢爛たるグランドセーヌ』の12巻を読みました。
バレエマンガです。
全く興味ないかもしれませんが、今回も紹介させていただきます。

作者はCuvie先生。
成人向けマンガも描いて、一般向けマンガも描いてます。
※Cuvie先生は女性です。

 


主人公は有谷 奏(ありや かなで)。
プロを目指して練習を毎日重ねる女子中学生。
イギリスのロイヤルバレエ団へのスカラシップ(留学する権限)を得る為、大会(コンクール)が行われるニューヨークにやって来ました。

規模が大きい・・・
実は、

中学生で毎日レッスンとか、コンクールとか、ニューヨークとか、留学とか、莫大なお金がかかるんだから、そんな話はウソっぽいいだろうーーー


とか、ずっと思っていたんです。
でも調べてみたら、日本からのバレエ留学生は、ロシアだけで年間20人前後、イギリスで年間10人前後はいるとのこと。
留学先が全て一流のバレエ団ではないでしょうけど、日本からの留学生は世界トータルでは年間200人前後みたいです。
となると、プロダンサー(バレリーナ)を目指す少年少女にとって、このマンガは身近な現実なんでしょうね。



話をストーリーに戻します。
12巻では、有谷 奏を始め、主だったメンバーの演技が終了しました。
結果は???
13巻に持越しです。
ああ、気になる・・・

バレエなんて、これっぽっちも興味の無い私ですら、面白い、このマンガ。
元バレエ少女にはたまらないはず!
取り敢えず読んでみたい方はコミックシーモアで、1巻と2巻が3月8日まで無料で読めますので、お試しどうぞ。


最後に『チャンピオンRED』と、秋田書店は良くこのマンガを連載した!
誉めて使わす!

 


以上、マンガ『絢爛たるグランドセーヌ』12巻のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185621501

この記事へのトラックバック