2019年08月30日

映画『エージェント・ウルトラ』ヒロインのクリステン・スチュワートが素晴らしい

映画『エージェント・ウルトラ』を見ました。
YouTubeを見ていたら、紹介動画(予告動画)がオススメに上がってきたんですよ。
アレ? と思って調べたら、主人公がジェシー・アイゼンバーグ。
『グランドイリュージョン』のフォー・ホースメンのアトラスです。
ちょっと古くて2015年の作品だけど、即ポチしちゃいました。
スマホで見たのでSD画質版のレンタル。
AmazonPrimeビデオで300円なり。

 

あらすじ


マイク・ハウエル(ジェシー・アイゼンバーグ)は10代から覚醒剤に手を染め、何度逮捕されても、覚醒剤を止められないクズ男。
コンビニのバイト中に、マンガの原案をポーッと考えて毎日を過ごしていた。
拠り所は恋人のフィービー・ラーソン(クリステン・スチュワート)。
凄い美人なのにマイクを見捨てず、愛してくれる優しい女性。

ある日、コンビニで店番するマイクのところに、年配の女性が現れる。
CIAの元偉い人で、マイクがCIAの傭兵に狙われている事を聞きつけ、救いにやってきたヴィクトリア・ラセター(コニー・ブリットン)。
ヴィクトリア・ラセターは謎のキーワードを発し、マイクをエージェント・ウルトラ(超絶戦闘員)へと覚醒させた。

見どころ


やはりマイクの戦闘アクションですね。
CIAの傭兵相手にスーパー(お店)で無双するんですけど、直接殴るよりも、店の商品に叩き付けるとか原始的な方法が多くて笑えます。
そこにあるものを利用して、最短で倒すのを訓練されたって事でしょう。

あと恋人を救い出すため、敵を追い詰めていくシーン。
煙がモウモウとしていたとはいえ、丸腰なのに身を隠さず、敵に堂々と歩いていくところが良かった。
執念というか覚悟を感じさせます。

もう1つの見どころが恋人のフィービー・ラーソン(クリステン・スチュワート)。
最初、この人の事を知らなくて見てました。
ボサボサ頭でも化粧ボロボロでも美しいのは凄いなー、程度で。
そしたら回想シーンになって、化粧を決めた姿が出てきて、その美しさに驚きです。
でも、さらに驚いたのが彼女の演技。
冒頭のハワイ行きを断念させられたり、その後に見せる我慢の表情。
これのせいで、また騙されました。

調べたら9歳からテレビ、11歳で映画デビューと物凄い経歴でした。
代表作もいっぱいあって、その中の『トワイライト〜初恋〜』は名前くらい私も知ってます。
主人公を完全に食ってますね。
※あくまでも個人の感想です。

演技で言えばヴィクトリア・ラセター(コニー・ブリットン)も、敵傭兵のラファ(ウォルトン・ゴギンズ)も良かった。
ヴィクトリア・ラセターはアクションも少し頑張ってたし、化粧が崩れてガイコツみたいになって殺し合うシーンが印象的です。

まとめ


この映画って、制作側としてはマイクの戦闘アクションをメインに見せたかったんでしょう。
でも戦闘アクションの殆どは、紹介動画で見ちゃってるんですよね。
最初にYouTubeで見たヤツ。
他の凄いのを期待してたのに、紹介動画で見れるのがほぼ全て。
もっと凄いのを期待してたので、ちょっと肩すかしな感じ。
映画本編を見てくれたのなら、紹介動画としては大成功とも言えますが。
もしこの映画を見る気になったら、紹介動画は一切見ないで、いきなり本編に進む事をオススメします。

最後にこの映画の評価ですが、あんまり高い点数を言えません。
アクションまあまあで盛り上がって、切ないシーンも、傭兵の悲しいシーンもあり、とても楽しめる映画だと思います。
なのに、何か物足りない。
うーん、エンディングのせいかな。
こういうエンディングは好きじゃありません。
エンディングを真剣に見なきゃ良かった。
これはホントに私だけの意見なので、それさえ目をつぶればオススメ出来ますよ。

とか言って、2(続編)が来たら絶対に観に行きますが。

 

以上、『エージェント・ウルトラ』のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年08月18日

映画『グランド・イリュージョン2 見破られたトリック』派手なマジックとドロドロした人間交差点

映画『グランド・イリュージョン2 見破られたトリック』を観ました。
あーら、楽しい。
だけど、ちょっと指向が変わったかな。
アクションが増えて、まるでミッションインポッシブル。

 


あらすじ


『フォー・ホースメン』が帰って来た。
IT企業のオクタ社のショーを乗っ取り、華々しくカムバック!
するはずだったのに、どこかおかしい。
乗っ取るはずのイベントが、さらに乗っ取られてしまった。

さらに死んだはずのジャック・ワイルダー(デイヴ・フランコ)が生きていた事、フォー・ホースメンの影のリーダーがFBI捜査官のディラン・ローズ(マーク・ラファロ)だった事もバラされてしまう。
さらに、脱出しようとシューターに飛び込んだフォー・ホースメンの4人を、一瞬でマカオへ拉致!
新たな敵、ウォルター・メイブリー(ダニエル・ラドクリフ)による仕掛けだった。

ウォルター・メイブリーはIT企業の元CEOで、昨年死んだと報道された人間。
死んだフリして、裏から金儲けに励んでいた。
そしてウォルター・メイブリーは、自分を追い出したオクタ社に復讐する為、オクタ社の最新のICチップを盗み出す事を画策。
と言っても盗むのはフォー・ホースメン。
殺す、とフォー・ホースメンを脅して、動かしただけだけど。

フォー・ホースメンは、オクタ社の厳重なセキュリティをかいくぐり、ICチップを見事に奪取。
ここまでが前半のストーリー。

後半は、オクタ社から盗んだICチップが中心に。
前作で牢屋にぶち込んだサディアス・ブラッドリー(モーガン・フリーマン)、欺いた相手のアーサー・トレスラー(マイケル・ケイン)も絡んできて盛り上がっていく。

そしてロンドンの最終決戦へ。
って、最終決戦が行われる前に、フォー・ホースメンは再び拉致されてしまい、絶体絶命の危機。
と言うか、自家用ジェット機から投げ出されてしまいジエンド。

本当にそうでしょうか?


見どころ


当たり前だけど、やっぱりマジックです。

前半のオクタ社からICチップを盗むところが1つ目のヤマ場。
4人が天才的なカード(トランプ)さばきを魅せてくれます。
思わず笑っちゃいました。

2つ目は、後半でフォー・ホースメンのリーダーであるアトラスが魅せたアメフラシ。
ザンザン降っていた雨を止めて、左右に動かして、遂には上に向かって降らせ(戻し)ちゃいます。
もうグイングインですよ。
こんなマジックを間近に見れたら最高だろうなぁ。

さらに音楽も声も良かった。
常に音楽が小さく流れていて、場面に応じて大きくなり、クライマックスへと盛り上がる。
当たり前の事ですが、とても効果的でした。
音響の良い映画館で観たかった。

声優さんも素晴らしかった。
今回も吹き替え版と字幕版の両方観ましたが、やっぱり吹き替え版ですね。

まとめ


前作と違って、倒すべき敵を明らかにした本作。
その倒すべき敵ウォルター・メイブリーを演じたのはダニエル・ラドクリフ。
ハリーポッターの中の人です。
ヒゲのせいか、あまり表情が分かりにくくて・・・
もしかして、彼は演技が上手くないんじゃないですかね。
※あくまでも個人の意見です。訴えないでください。

本作を観てて思ったのは、マジックって話術なんだなぁ、という事。
盛り上げて、タネの部分から注意を逸らせるとか、みんな巧みな話術のお陰。
映像は満点だし、だからこそ吹き替え版(日本語)で印象が変わったのかも。

話は変わりますが、
フォー・ホースメンのリーダーであるアトラスと、メンタリストのメリット。
今回、調べていて分かったんですが、『ゾンビランド』で共演してるんですね。
観たのがかなり前だったので、全く気付きませんでした。

あと、メリットはヴェノムのラストシーンに出て来た殺人鬼でした。
全く気(略)。

さあ、皆さん1と2を観ちゃいましょう。
マジックも凄いけど、人間同士の心理戦も楽しめますから。

 

以上、映画『グランド・イリュージョン2 見破られたトリック』のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年08月16日

映画『グランド・イリュージョン』モブ(観衆)の人数と仕掛けが壮大

映画『グランド・イリュージョン』を観ました。
2013年とかなり古い映画ですが、とても楽しい作品でした。

観たきっかけはYouTubeの紹介動画。
マジック、と言うか美麗な動画に釣られました。
釣られたクマー。

 


あらすじ


『フォー・ホースメン』と名乗る4人のマジシャンが、ラスベガス(勿論アメリカ)でのマジックのショーの最中に、フランスの銀行の金庫から320万ユーロを強奪する事件が発生。
それもショーの大勢の観客の前で。
観客は大盛り上がりですが、あんまり豪快過ぎたので、FBIが捜査に乗り出します。
フランスの銀行なので、インターポールまで出てきて大わらわ。

汚いFBI捜査官のディラン・ローズ(マーク・ラファロ)は、4人のマジシャンを追いますが、裏をかかれっぱなし。
全然、逮捕出来なくて、これはもうクビだろうなと心配になる程のヘボさ。

そこに絡んでくるのが元マジシャンの偉そうなサディアス・ブラッドリー(モーガン・フリーマン)。
現役マジシャンの種明かしで金を稼ぐイヤーな野郎。

ディラン・ローズとサディアス・ブラッドリーは別々に『フォー・ホースメン』を追いかけます。



見どころ


やっぱりマジックですね。
映画の冒頭の20分で魅せるマジックは素晴らしいの一言。
そのせいで、マジシャン達が鮮やかに泥棒し、華麗に逃げ切る映画かと思い込んでました。

逮捕されたマジシャン達との尋問シーンや、逃走シーン。
ニューヨークでのファイナルイベントも素晴らしい。
驚きの連続です。
で、もしかしてCGかな思わせておいて、実写のアクションを盛り込んでくる巧さ。
もうどっちがどっちだか、分からなくなります。


あとは声(声優)。
どうせだからと、この作品は字幕版と吹き替え版の両方で観ました。
これ絶対に吹き替え版の方が面白いです。
フォー・ホースメン、ディラン・ローズとみんな声優さんの方がなり切ってます。
唯一、サディアス・ブラッドリー(モーガン・フリーマン)だけは、本物の声の方が良いかなって感じしました。


まとめ


まず思うのが、この作品は映画館で観たかったという事。
派手なシーンが多いので、大スクリーンだとさらに感動したでしょう。

そして・・・完全に騙されました。
フォー・ホースメンを操る5人目(ゼロ人目)の存在が謎でした。
途中から、FBIも5人目が誰なのかを気にし始め、映画のポイントになるんですよ。

私も途中から想像していたんですが、これかな、と想像した3人ではなかった。
全く想像しない、想像出来なかった人物・・・
こりゃやられた。

ちょっとおかしいぞ? みたいな部分もありましたが、最初から最後までずっと楽しめました。
マジックの華やかさではなく、騙し合いによる猜疑心とかサスペンスとして捉えたのが良かったかも。
暇な時にでも是非是非どうぞ。
続編、続々編があるようなので、私はそちらも見ます。

 


以上、映画『グランド・イリュージョン』のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年04月02日

映画『翔んで埼玉』世界埼玉化計画へ

映画『翔んで埼玉』を観て来ました。
今回は封切りから随分と時間が経ってますけど・・・
そう! 毎月1日は映画の日で料金が安い(1,100円)から(いきなり失礼)!

場所はいつもの桜木町駅前のブルク13です。
館内ガラガラかと思ったら、30人位いて驚きました。
未だに人気あるんですね(自分も見に行ったクセに)。



今更、内容を説明するまでもないでしょう。
この映画を象徴するセリフとして、
病気で保健室に行きたいと言う埼玉県民に対し、東京都民から

埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ!

という言葉が発せられます。

そう、埼玉県(県民)をいじって笑いを取る映画。
いえ、埼玉だけでなく千葉や群馬、栃木をもディスる映画でした。

つまらなかったです。
なんてアホらしい作品でしょう。
他の県をバカにする意味なんて無いでしょうに。
※あくまでも個人の意見です。

この映画を楽しめるのは埼玉県民だけだろうと思います。
※重ねて言いますが、あくまでも個人の意見です。

このようにボロクソにけなした本作ですが、評価すべき点も少しありました。

・主人公役のGACKTの演技がまともだった。と言うか良かった。
・千葉解放戦線の女性がキレイだった。小沢真珠だった。
・上記、小沢真珠が使っていたサザエの形をした携帯電話がカッコよかった。
・エンディングで『はなわ』による千葉の歌が流れ、そこだけ笑えた。
 エンディングを楽しいと思ったのは初めて。
・埼玉と千葉出身の企業紹介があって勉強になった。
・同様に、出身のタレント紹介があって勉強になった。

と、こんな感じ。
埼玉県民、そしてGACKTファンの方なら楽しめると思います(増えた)。
決して、

好評らしいから、観に行こう

程度では行ってはいけません。
私のように後悔するだけです。

以上、映画『翔んで埼玉』のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年02月23日

映画『ギルティ』目を離せない88分

映画『ギルティ』を観て来ました。

先日、YouTubeのCMで知りまして、初日の22日(金)に行きましたとも!
場所は毎度お馴染み、桜木町駅前のブルク13にて。
席はガラガラでした。



デンマークの警察の緊急通報指令室。
アスガー・ホルムは、女性からの電話を受けました。

助けて・・・

拉致(誘拐)された本人からの通報です。
車で連れ去られていて、殺されるかもしれないとの事。

アスガー・ホルムは事件解決の為、緊急通報指令室から、別の地域の警察や相棒(警官は基本的に二人組み)などに電話します。
拉致(誘拐)されたのは誰?
拉致(誘拐)したのは誰?

普段、ストーリーには極力触れないようにしていますが、この『ギルティ』だともう終わりです。
これ以上語れません。
それ程、・・・・なのです。

では見どころは何か。

アスガー・ホルムを演じるヤコブ・セーダーグレンの演技

何と言ってもコレでしょう。
ヤコブ・セーダーグレンが、彼の心情を『これでもか!』というぐらい撃ち込んできます。
実際、焦り、苛立ち、空虚、感謝など、全ての機微が、移り変わった瞬間に伝わってきました。

そして、それを生み出すのが

カメラワークと音

です。
怒りを表すシーンではヤコブ・セーダーグレンのヒゲや汗が分かるぐらい画面いっぱいに大きく映し、落ち込んだときは小さめになります。
またクライマックスに向けて、部屋を移動して暗くし、雑音をシャットアウトします。
全ては、観客の視線をヤコブ・セーダーグレンに集中させるためです。

あとは言えません。
ストーリーに絡んでくるのでダメでした。
いや、本当にあるんですけど言えません。
↓言えないので、珍しく非表示にしました。見たい方はマウスで選択してください。

・シーン切り替え
この映画、実は、警察の緊急通報指令室しか出てきません。
拉致された女性も相棒も、他人の行動は伝えられてきた電話越しで、映像には出てこないのです。
中盤で気づきました。

・登場人物
画面に現れる登場人物も、主人公の他は、緊急通報指令室にいる数名の警察官だけ。
99%の場面でヤコブ・セーダーグレンが出てきます。
ヤコブ・セーダーグレンが出てこないのは、ヤコブ・セーダーグレン目線で他人を映したシーンのみという徹底ぶり。

この映画、製作費がメチャクチャ安いですよ・・・
それでいてこの緊張感は素晴らしい!
お金をかけなくても良い映画を作れるという代表作品ですね。

この映画は『カメラを止めるな!』よりも低予算でしょうね。
ちなみに、去年の夏に『カメラを止めるな!』を観たのに、ブログで紹介していない事に、今日気づきました。



いやー、重い映画でした。
ヤコブ・セーダーグレンの演技も、ストーリーも重かった。

そしてラストも衝撃を受けました。
食欲が失せる程の衝撃でしたよ。

サスペンス好きの方は是非どうぞ。
※サスペンス(英語: suspense)は、ある状況に対して不安や緊張を抱いた不安定な心理、またそのような心理状態が続く様を描いた作品。
Wikipediaより。


以上、映画『ギルティ』のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画