2017年05月04日

ハンドスピナー『YIER Hand Spinner Toy』

『YIER Hand Spinner Toy』を買いました。
Amazonのおススメに表示されたからです。
ストレス解消用オモチャだそうで・・・

調べてみたら、想像以上に流行っていたので驚きです。
全く知りませんでした。





使い方は、中心を持って回転させるだけ。
本当にそれだけ。
難しくも何ともありません。

持ち方も、親指と人差し指(中指)で挟んて持つか、指の腹の上に乗せるか。
若しくは、机の上に置いて、持たないで回す位なもの。
このハンドスピナーは、適当に『回す』ことが全てなのです。

問題は、どんな時にこれを『回す』のか。
仕事で行き詰った時や、何かでムカッと来た時など、イライラした時だそうです。
確かに、回すとバランスをとることに集中しだして、気が紛れます(本当)。

あとは、ペン回しや、ボールペンをカチカチしてしまうような手持無沙汰な時、これを回してみるとかw
代わりに丁度良いと思います。



ただ、『オモチャ』、『遊び道具』でないのでご注意を。
妙な期待を持って購入すると、あまりの呆気なさに驚き、30秒で放り出してしまうでしょう。



値段は500円〜4万円まで、幅が広いです。
主な違いは材質やデザイン。

日本ハンドスピナー協会(もうあるのかよっ! 胡散臭いなっ!)によると、

『高価だから良い製品とは限らないので要注意』

と出てました。
例え材質が良くても、ベアリングや仕上げがイマイチだと上手く回転しない、ということ。
そりゃそうだ。

あれ、日本ハンドスピナー協会ってマトモなこと言うじゃないですか。
胡散臭いとか言って、すみませんでした。



私は1,300円の製品を購入しましたが、3分以上回ってくれるので、おおむね満足。
しかし、回した時に『サーーー』と音がするんですが、もっと静かな方が好みなのです。
買い替える程、ハマった訳ではないので、ベアリングだけ購入し、自分で交換したいなぁ、と考えてます。

以上、ハンドスピナー『YIER Hand Spinner Toy』のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺機器

2017年05月01日

27インチモニター『SE2717H』

DELLの27インチモニター『SE2717H』を購入しました。

つもりでしたが、詐欺でしたw




参考価格が25,000円で、実売価格が21,980円。
それが先日は11,649円で出品されていたので、飛びついてしまったのです。
やられました。

ポチってからヤフーニュースを見て、瞬時に

『あ、これ、やられたわっ!』

と気づきました。

あんまり安いので、一応は出品者の商売履歴を確認したんですよね。
それで高評価が多かったから、安心して購入に踏み切ったんですが・・・
甘かったです。
最近使われていないAmazonアカウントを乗っ取り、そのアカウントを使って出品する手口だったのです。



詐欺だと確定したのは、昨日(4月29日)の夜。
Amazonから『アカウント調整』という謎の理由により、商品がキャンセルされました。
アカウント調整・・・w
確定・・・w



blog2017_0501_01.png

お金はAmazonが保証するので、完全に返金されます。
でも、注文した私のアカウントや氏名、住所、生年月日などの情報は抜かれました。
もし安易なパスワードだったら、ログインされて乗っ取られてしまいます。
今までも全く関係ない語句でしたが、念のため、変えました。

Yahoo!ニュースによると、同じ手口で、既に何万人も被害にあっているそうでして。
これから、さらに被害は広まっていくでしょう。

皆さんもAmazonショッピングにはお気を付けください。


ちなみに、返金処理とか私は何も申請してません。
Amazonから自動的に送付され、キャンセル処理されました。

どうせなら、出品された金額でAmazonが私に販売してくれたら良かったのに・・・
posted by エカテリーナ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺機器

2017年04月29日

無線ルータ『WSR-2533DHP-CB』

BUFFALOの無線ルータ『WSR-2533DHP-CB』を購入しました。




話は、会社の同僚がUQ WiMAXを契約して、測ったら100Mbpsだと言ってきたことから始まりました。
正確には110Mbps(約10Mバイト/秒)だったそうです。

ショックでした。
ウチの光回線よりも速い・・・

回線速度は前から時々測っていたので、遅いのは知ってました。
あまりの遅さにPCやWiiU、SWITCHへは有線接続にしているくらいです。
こんなものだろうと諦めていましたが、まさかモバイル機器に負けるとは・・・



それまで使っていたのは、BUFFALOの『WZR-600DHP』。
2012年6月発売なので、約5年前の製品です。



で、何気なくAmazonを見ていたらタイムセールで無線LANルータが出ていて、その気になりました。
タイムセールで出ていたのは低価格帯の製品だったので、どうせ買うなら〜と思って、『WSR-2533DHP-CB』をポチってしまいました。
『WSR-2533DHP-CB』は2016年10月発売なので、約4年の開きがあります。
どれくらい影響するんでしょう。
ワクワクして待ちました。



『WSR-2533DHP-CB』が届いたので、改めて現在の速度を測定しました。
速度は『BNRスピードテスト』を利用します。

『WZR-600DHP』の測定結果がこれ。
速度は46Mbps(約5.7Mバイト/秒)。
光回線で、しかも有線接続のくせにUQ WiMAXの半分も出てないとは情けない。

blog2017_0429_01.png



それでは待望の『WSR-2533DHP-CB』です。
LANケーブルを『WSR-2533DHP-CB』へ付け直し、IDとパスワードを入力してGO!

あれ、なんだこれ!!!

思わず声が出ました。
速度を測定するサイトを開いただけなのに、圧倒的に速くなってるんです。

そして、速度を測ってみたら・・・

blog2017_0429_02.png



うぉぉぉぉ!
235Mbps(約30Mバイト/秒)キタコレ!
5倍!

無線LANの技術に比べて、大して変わっていない有線LANなのに、ルータを変えただけで、こんなに速くなるんかいっ!
と言っても、実際には速くなったわけではなく、前の『WZR-600DHP』が遅かっただけで、これが本来の速度なんですけどね。

無線LANの設定も終え、スマホやゲーム機からも接続できるようになりました。
設定はUIこそ違うものの、用語が同じなので迷いません。
192.168.11.1にアクセスして、あっちゅーまに終わりました。

スマホでの測定結果はこちら。
2.4 GHz (11n/g/b)での速度は52Mbps(約6.5Mバイト/秒)。

blog2017_0429_03.png



5 GHz (11ac/n/a)での速度は73.5Mbps(約9.2Mバイト/秒)。

blog2017_0429_05.png



有線接続の速度に比べると今一つで、納得いきませんが、これはスマホ(Zenfone2)のせいかもしれないし、ルータを接続設定しただけなせいかもしれません。
まあ前と比べたら、すべてがサクサク表示されるんですから良しとしましょう。
もう少し設定すれば、速くなるかもしれないし、これからいじってみて試行します。



参考価格が17,000円で、購入価格は11,576円。
これからまた4年くらい使うと考えたら安いモンです。
安い製品のもカスタマレビューの評価はまあまあだったんですが、妥協せずにランクを上げて良かった。

ルータに不満が無くても、数年前の製品をお使いの方は購入を検討してはいかがでしょう。

以上、無線ルータ『WSR-2533DHP-CB』のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺機器

2017年03月13日

SoundPEATS(サウンドピーツ) Q12 Bluetooth ワイヤレス イヤホン

私はカナル形状(丸いやつ)のイヤホンが苦手で、好きじゃなかったんですが、BOSEのイヤホンに出会ってからはそればっかり使ってます。
低音をブーストした音質はもちろんですが、何より、あの独特なイヤーチップによるフィット感を好きなんです。

でも・・・
貧乏性なので外につけていくのが怖いのです。
そこで、通勤用にお手軽な製品を買いました。

Amazonのイヤホン・ヘッドホン の 売れ筋ランキングで1位で、絶賛されていた

『SoundPEATS(サウンドピーツ) Q12』

です。



選んだポイントはいっぱいあります。
  • 価格
  • Bluetooth接続
  • マイク付き(スプラトゥーン2のボイスチャットで使うから)
  • カナル形状だけどBOSEっぽいフックによる固定
  • 裏側がマグネット付きで使わないときはくっつければ落ちない
  • この価格なのに12ヶ月保証
  • IPX4防水
  • ノイズキャンセリング
とかありすぎなくらい。



では開けてみます。

お値段から期待してなかったんですけど、外箱が綺麗でしっかりしていることにまず驚きです。
そして中のケース頑丈そう。
これなら毎日持ち歩いても、そうそう壊れないはず。

blog2017_0312_04.png



ケースを開けると、これも綺麗に収まってました。
  • イヤホン本体
  • 交換用カナルチップ2サイズ
  • 交換用フック2サイズ
  • 長さを調節するためのクリップ2つ
  • 服に固定するためのクリップ
  • 充電ケーブル(MicroUSBケーブル)
  • マニュアル(英語)


blog2017_0312_03.png



イヤホン本体です。
すごい軽いです。15gとのこと。
ケーブルは幅広で、強そう。

blog2017_0312_07.png



右耳側には充電用のMicroUSBコネクタと、+(プラス)、△(マルチファンクション)、−(マイナス)の3つのボタンがあります。

blog2017_0312_05.png



この3つのボタンを使って操作する訳ですが、具体的には
  • 電源ON:電源OFF時に△を3秒間長押し
  • 電源OFF:電源ON時に△を4秒間長押し
  • 再生/一時停止:△を一回押す
  • 音量+/−:+/−を押す
  • 次の曲/前の曲:+/−を長押し
  • 通話(電話に出る):着信中に△を一回押す
  • 通話切断:通話中に△を一回押す
  • 応答拒否(電話に出ない):着信中に△を長押し
という感じ。

難しくはありませんが、電話に出れないときの『着信中に△を長押し』で手が滑って、通話に応じちゃうのだけが怖いです。

ボタンの裏側(イヤホンしたときに頬向き)にはマイクがあります。

blog2017_0312_06.png




あとはハウジングの外にマグネットが付いていて、外しておきたい時は、ここをくっつけてネックレスのように首に巻いておけます。

blog2017_0312_08.png



こんな感じでピッタリくっつきます。
まだ数日ですが、小走りくらいなら外れる気配は全くありません。

blog2017_0312_09.png



使った感じですが、想像したよりも音質が良くて驚きました。
高音はそんなにシャカシャカせず、はっきり聞こえます。
低音はちょっと強めに出ていて、とっても好み。
全く不満がありません。
と言っても、イヤホンなんて耳にどれだけ入れるかで、音漏れと響きが変わるので参考にならないと思いますが・・・

ペアリングも問題なし。
電源OFFの状態で△を長押ししてペアリング待機状態にすると、デバイスにQ12と表示されます。
これでスマホ2台、PCとも簡単に接続できました。



ただ不満も無くはないです。
ノイズキャンセリングは音声通話中のみの機能で、音楽再生時は何も効きません。
BOSEのシーンという無音状態をちょっと期待したんだけどな・・・
贅沢を言いすぎました。

あとは電源ONやペアリングなどを女性の声でガイドしてくれるんですが、これがキンキンするんです。
あー、なんて勿体ない。
こんなのちょっと気にするだけで印象が良くなるのに・・・

結論です。
このお値段(私が買った時は2,899円)で、この音質で、この軽さで、この作りの良さは素晴らしい!
Bluetooth接続のイヤホンを買うなら、このQ12も検討すべきです。
通勤、通学、ウォーキングから軽いジョギングまで、しっかりとお供してくれると思います。
posted by エカテリーナ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺機器

2017年01月27日

『UGREEN USB カードリーダ』

いつの間にかUSBの線が増えてきて、PCがクラゲのようになってしまったので、USBハブを買いました。
選択時のポイントは、

スマホやタブレットを立てかけられて、各種メモリーカードを読み書きできる製品

です。で、これを選びました。

 

ポチってから気付きました。
製品名が『UGREEN USB カードリーダー』のみ。
なんてシンプルな名前なんでしょう。
普通なら『BACDFD3.0BK』とか、魔法の呪文がつくのに・・・

blog2017_0127_01.png



パッケージングもシンプルです。
箱の中には製品のみ。

blog2017_0127_03.png



説明書は、箱の背面の印刷でした。
説明書なんていらないはずだし、あってもどうせ読まないのですが、無いとなると気になります。
人間の不思議な性です。

blog2017_0127_02.png


使った感想です。
前面のスマホ/タブレット置きは、しっかりと置けます。
でも、私の主目的はカードリーダーの方なので、スマホを置くとカードを抜けません。
こりゃあかん。
今後、スマホですら置くことはないでしょう。

対応するカードは
  • SDカード
  • MicroSDカード(TFカードと表記されていたものがこれ)
  • メモリースティック
  • M2(メモリースティックの小型版)
の4種類。
メモリースティック系は使わないので、SD/MicroSDカードのみの結果になりますが、USB3.0対応だけあって高速です。文句なし。

でもカード間(同士)のファイルコピーはできません。
できないのが普通かと思っていたら、できる製品もありました。
カード間のコピーを必須とするなら、こちらの製品になるでしょう。

 

USBポートは背面に3つです。
当たり前ですが、接続するだけで認識します。
しなかったら大問題ですが・・・

気になったのは、USBの線がちょっと堅いこと。
私はPCからの距離が60センチ程度なのでちょうど良かったのですが、PCから近い場合は、余った分の取り回しに苦労するかもしれません。

あとUSBバスパワーですが、電力を多めに使うUSB機器を接続する場合、外部電源を別途購入しなければなりません。AMAZONで999円です。

製品自体は綺麗なので、PCとの距離や置き場所、接続する機器があえばオススメできます。
posted by エカテリーナ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺機器