2019年05月14日

マンガ『レイリ』6巻

マンガ『レイリ』6巻を読みました。
3年半の連載もついに完結。
6巻まで読んできて、

ああ、レイリはこういうマンガだったのか

と、分かりました。
勝手に『あずみ』みたいなのを想像してたんですがね。
※4巻のレビューはこちら





主人公のレイリは、武田信勝の影武者となり、甲斐の武田に身を寄せていました。
このときの武田軍の大将は武田勝頼。

織田(信忠)軍が攻めてきたので、武田勝頼は新府城を築いて迎え撃ちます。
と思ったら、家臣の謀反により新府城を手放す羽目に。
さらに、頼った先の小山田信茂からも、岩殿山への入城を拒否されて四面楚歌。
武田軍はついに滅亡してしまうのです。

この下はネタバレなので隠します。

しかし、ただ滅ぼされるのを待っていた訳ではありません。
武田信勝が明智光秀を焚きつけ、織田信長を殺害させる原因を作ったことになってます。

えええ、本能寺の変をここで持ってくるんかい!

その他、レイリは、徳川家康が関西から逃げる際に、武田を裏切った穴山玄蕃頭(あなやまげんばのかみ)を暗殺したり、土屋昌恒の息子の平三郎を徳川家康に紹介したりと、歴史的な行動をいくつかやってます。
あー、規模は小さいけど、やっぱり、あずみに近いかも。


読んでいてツライです。
武田に限らず、みんな簡単に裏切るんですもん。
親戚だったり、妻子を人質に取られていたとしても。
昔は寿命が50年ぐらいだし、子供でも責任取って殺されるから、自分しか信用してないんでしょうね。

あとは城について。
新府城の計略が足止めなのとか、岩殿山の計略が敵味方問わず攻撃させるのって、ちゃんと史実に則ってるんですね。
今まで岩殿山って良いイメージで好きだったのにキライになりました。
もう使いません(本当)。



この漫画は武田勢の本です。
武田好きな、城好きな方はお試しください。
織田信長は酷く書かれているので、織田勢の方は読まない方が良いでしょう。
徳川勢はどちらでも良いです。





以上、マンガ『レイリ』6巻のレビューでした。続きを読む
posted by エカテリーナ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

2019年05月13日

マンガ『娘の友達』

マンガ『娘の友達』を読みました。
『娘の友達』は2019年4月開始の出来立てホヤホヤ。
まだ単行本が出ておらず、Web連載のみの作品です。

これは久々にゾクゾクするマンガ!
『血の轍』程の狂気を味あわせてくれるか・・・
期待の一作です。





主人公はサラリーマンの市川晃介(いちかわ こうすけ)。
妻・景子と娘・美也(女子高生)の3人で暮らしていましたが、妻が他界し、美也と2人暮らしになりました。
しかし、美也は妻(母親)が死亡したショックで荒れて、不登校となってしまいます。

日々、頑張る晃介ですが、不登校の事で学校から叱責を受け、会社では部下の尻拭いをさせられ、疲れ果てていきます。
そんな晃介が唯一安らげるのが場末の喫茶店。
裏通りにあるので、静かで会社の同僚に見つからないのがポイントでした。

そこで働いていたが問題の如月古都(きさらぎ こと)。
若くて愛嬌があり、何より可愛い子です。
そして、後から知った事ですが、如月古都は娘・美也の小学校からの幼馴染でした。

如月古都は晃介の力になりたいと、毎日LINEを送ってくるようになります。
そして相談の為に外で出会い・・・

おおおおおい!
怖いよっ!

如月古都の狙いは何でしょう。
何を望んでいるのでしょうか。

如月古都が可愛く描かれているのに・・・
全ての表情が柔らかく、優しい目線なので、余計にゾワゾワしてきます。
作者の萩原あさ美先生は、女の子を描くのが上手だなぁ。



本作コミックDAYSにて、無料で公開されています。
今(5月15日)なら1話から4話までを無料で読めますので、是非お試しください。


以上、マンガ『娘の友達』のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

2019年05月11日

マンガ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 』15巻

マンガ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 』15巻を読みました。
いつものように発売日当日の0時にKindleで速攻DLです。

私が今、一番ハマっているマンガ!
※ちなみに2番目は『血の轍』、3番目が『パラレルパラダイス』。
 14巻のレビューはこちら

毎回、ガンガンオンラインで無料公開されている『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 』のコーナーで読んでいるにも関わらず、発売日に買ってしまいました。

 



高校3年生の黒木智子(くろきともこ)はタイトル通り、モテないのをウリにしていましたが、6巻あたりから流れが変わり、女子の友達にモテモテになるマンガになってきました。

表情が乏しく、笑顔をほぼ見せない、ゆりちゃん
隠れヲタで、声優志望のネモ
智子の事を過大評価し、母親のように優しくしれくれる加藤さん
完全なストーカーと化した、うっちー
姉として智子を慕う、従姉妹のきーちゃん
智子を慕う、後輩の平沢 さん


などなど。
同級生の、ゆりちゃん、加藤さん、うっちーに至っては、智子と遊びたいが為に、同じ大学を志望する程。
高校生活も残り数カ月(の設定)で、智子は女子にだけどモテ期を迎えているのです。
最近は、さらに新キャラも登場してきて、どう絡んでくるのか楽しみなんですよ。



そして智子の弟、黒木 智貴(くろき ともき)。

智子と同級生ながら、年下の弟に惚れる小宮山 琴美(こみやま ことみ)
弟のクラスメイトの井口 朱里(いぐち あかり)


が、弟(のおちんちん)をめぐって戦います。
誰が弟とくっつくのかも重要な問題です。
ここは是非、ヤンキーの吉田 茉咲(よしだ まさき)とくっついて欲しい。



ガンガンオンラインにて毎月2回連載の本作品。
最初の数話と、最新の2話を読めますので、お試しください。
セリフのテンポが良く、サクサク読めるので、スマホで読むには最適です。

 




以上、マンガ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 』15巻のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

2019年05月06日

マンガ『アスペル・カノジョ』1〜3巻

マンガ『アスペル・カノジョ』を読みました。

またやられてしまった・・・
Amazon Kindleのオススメにあがっていた無料の1巻を読んだら止まらなくなり、2巻、3巻と続けて買ってしまいました。
しかもコミックDays(講談社の公式サイト)で単行本の続きを、単話でゴッソリ買う始末。
ホント、Amazon Kindleのオススメは極悪です。

  



ある日、絵が上手くなくて(作中で本人談)、売り上げも芳しくない(便利な日本語)マンガ家の横井拓(よこいたく)の部屋に、ファンの斉藤恵(さいとうめぐみ)がやって来ました。
ブログに載せた写真を元に住所を割り出し、アポも無しに突然に。
斉藤恵は発達障害(アスペルガー症候群)でした。

作中の言葉を借りると、発達障害は多種多様だが共通事項もある。
例えば、

知的は問題ない
人見知りが多く、独りぼっちを好む
依存性が高い
コミュニケーション(会話)能力が低い
自分の発言で、他人がどう反応するかを想定できない
会話の流れを読めず、関係ない話を突然始める
潔癖症が多い
キレやすい

などの特徴があるそうです。

ツライなぁ・・・

って、他人事ではなかった。
診断クイズではありませんが、私はかなりの項目が当てはまる!

いえ、私の事はさておき、マンガの話です。
驚いたのが、当人が簡単にパニック障害を起こす事。
例え幸せな時であっても、その幸せを失った時の事を想像し、発作を起こすのです。
そうなると止まらなくなり、カッターでリストカットしてしまう。

生き辛い・・・

読んでいて涙が出そうになります。

厳しいマンガを買ってしまいました。
天然ボケな彼女との、明るい話かと思ったのに・・・
でも後悔はしてません。



と、こんな重いけど、その分、読んでいてドキドキするマンガ。
今なら1巻を無料でで読めますので、お試しください。

連載はコミックDaysで、最初の2話と最新の2話が無料開放中
こちらだと単話でも読めます。

  



以上、マンガ『アスペル・カノジョ』1〜3巻のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

2019年05月03日

マンガ『パラレルパラダイス』『+チック姉さん』13巻

本日はマンガとラノベを。

・マンガ『パラレルパラダイス』

私が週刊ヤングマガジンで読んでいる2本の内の1本。
※もう1本は『ファブル』です。
 以前のレビューについてはこちら

相変わらず話の96%(前から1%上がった)がエロなので、単行本を紹介してません(出来ません)。
しかし!
これはSF風のエロマンガではありません。
エロがちょっと多いSFだったのです。

男子高校生の陽太(ヨータ)が学校で授業を受けていたところ、化け物に襲われて、異世界に引き込まれました。
この化け物の正体がつい先日判明し、そして今週号でもう1人の重要人物の正体が明かされたのです。

あー、そういう事かぁ・・・

さすが岡本倫先生。
話の盛り上げは天才です。
これまでのマンガでは終わり方がいまいちな事があったので、これをどうやって持っていくのか楽しみです。
※あくまでも個人の感想です。
 私は岡本倫先生の大ファンです。

 



・マンガ『+チック姉さん』13巻

久々の登場、『+チック姉さん』。
※『+チック姉さん』は『ぷらすちっくねえさん』と読みます。

前からそうでしたけど、登場人物が増え過ぎて、もうメチャクチャ。
話が一応進むのは『メメメメメメメメメメンヘラぁ… 』に出てくる佐々木さんの時だけ。
その他は、下ネタかキ〇〇イになっちゃいました。

ただ、これがつまらないのか、面白いのかが私には判断できません。
連載が続き、単行本が出るということは面白くて人気があるからなんでしょう。
いや、『響』と同様に、もしかしたら皆そう思って単行本を買っているだけかもしれません。

 



・ラノベ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』12巻

12巻も早速読みました。
※9巻についてはこちら
 10巻についてはこちら
 アニメについてはこちら

つ、つまらん・・・
豪快な戦闘を期待していただけにがっかりな巻でした。
唯一の見どころはラストの数ページだけ。
アリ〇〇が〇〇されてしまうところぐらいでした。
興味ある方はちょっとお待ちを。
13巻が出てから10〜13巻をまとめて読めば大丈夫です。

 



ではまた次回に!
posted by エカテリーナ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ