2019年07月01日

マンガ『BLUE GIANT SUPREME』8巻

マンガ『BLUE GIANT SUPREME』の8巻を読みました。
ディー(本名は宮本 大)が海外進出を果たしたこの作品ももう8冊目。
そろそろ快進撃の予感です。
※4巻についてはこちら
 7巻についてはこちら

 


ディー(本名は宮本 大、みやもと だい)は超ポジティブなサックスプレイヤー。
将来うまくいかないとか、仲間を見つけられないとか、これっぽっちも考えず、全て乗り切ってきた彼。
その結果、

ベースのハンナ
ドラムのラファ
ピアノのブルーノ・カミンスキ

が加わり、4人になりました。
ディーがその音に惚れ、誘った強力なメンバーです。
城プロに例えるなら、駿府、岡豊、備中松山のような、レア5だけどレア7に近い実力を持ったメンバーみたいな感じ。

で、7巻。
父親が倒れてしまい、日本へ一時帰国することになります。
テナーサックスがいない間、ヘルプのプレイヤーがやってきました。
実力も、音量も一級品のカッコイイ男。
メンバー達は、ディーしか考えていないので、問題は起きませんでしたが。

そして8巻。
因縁のライバル『モーレン5』と対決の時がやってきました。
場所はフランスNo.1のクラブ『サン・ムーン』。
結果は!
いやー、盛り上がります。
気持ち良い8巻でした。



余談ですが、このマンガのラストにはBONUS TRACK(オマケページ)がありまして、メンバーが現在の容貌でディーに対するコメントを出すんです。
5巻はブルーノ・カミンスキ。
6巻はラファ。
7巻はフェスの主催者。
そして8巻がハンナでした。
主要メンバーのコメントが出たので、そろそろシーンが変わるかな、って勝手に想像してます。



前作である『BLUE GIANT』なら1巻を無料で読めます。
是非お試しください。
※『BLUE GIANT SUPREME』ではありません。




以上、マンガ『BLUE GIANT SUPREME』8巻のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

2019年06月22日

マンガ『絢爛たるグランドセーヌ』13巻

そろそろ、アレですよ。
そう、『絢爛たるグランドセーヌ』の時期(?)です。
今回は出たばかりの13巻です。

13巻の表紙はサクラですね。
相変わらず美しい。

 



バレエマンガなぞ興味のない方ばかりと思いますが、我慢してお付き合いください。
だって、Cuvie大先生ですから!
エロマンガの大家であり、同名義でバレエマンガも描く勇者!
そして女性です(お約束)。

6巻から続いてきたYAGP(ユース・アメリカ・グランプリ)ネタが遂に終盤へ。
有力視されたメンバーはポロポロ落ちる大混戦の中、主人公の有谷奏(ありや かなで)と伊藤翔子(いとう しょうこ)は決勝へと残りました。
そして、決勝の舞台で体力を振り絞って、これまでのベストを出した有谷奏。
ガラ公演(入賞者によるソロと、参加者全員による群舞)にソロでの出演を依頼されます。

おー、これって入賞(3位以内)確定じゃないすか!
各国のバレエ団からの年間スカラシップ(奨学生)決定じゃないすか!
これは14巻から第二部で、留学先での話になるでしょ!
いや、一気に留学を終えて、日本に戻って来たところからだったりして!
大人になったサクラを見てみたいし!
そっちかい!
ええ、サクラ大好きです。

なんて、熱く語ってますが、私はバレエにもバレリーナにも全く興味はございません。
用語もこのマンガで得た知識をそのまま書いてるだけです。
しかし、Cuvie大先生のマンガだから読むのです。



さてさて、Kindle版のみですが、今なら1巻と2巻を無料で読めるとの事。
Cuvie大先生のマンガに興味ある方はお試しください。
3巻からは500円するので買わなくて良いです。

 


以上、マンガ『絢爛たるグランドセーヌ』13巻のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

2019年05月27日

マンガ『その着せ替え人形は恋をする』3巻

マンガ『その着せ替え人形は恋をする』3巻を読みました。
コスプレを通した純愛マンガという、ちょっと変わった作品。
Amazonランキング2位を驀進中です。
※1〜2巻のレビューはこちら

  


ひな人形作家の卵の五条新菜(ごじょう わかな)と、コスプレイヤーを目指す喜多川海夢(きたがわ まりん)のお話。
喜多川海夢のコスプレを作っている内に、喜多川海夢が五条新菜に完全にホレちゃいました。
イヤーンシュキシュキ状態。

3巻では、先輩コスプレイヤーが出てきますが、基本は喜多川海夢がずっとシュキシュキ言って終わります。
ホンワカ日常系?
でも喜多川海夢がいつも明るくて、可愛いので、そんなんでも楽しめます。
エロい姿もチョイヨイ出てきますが、私は福田 晋一先生の前作を読みまくっていたので(略
※詳しくは1〜2巻のレビューで

最初は『+チック姉さん』の為に買っていたヤングガンガンも、最近のお目当ては本作だったりします。
毎週、掲載されていないので、ハズレだとどうしようもない状態ですが。

表紙で喜多川海夢にオッ?と来た方は是非是非どうぞ。
マンガ内だともっと可愛いです。
思わずニヤニヤしちゃいます。

  

以上、マンガ『その着せ替え人形は恋をする』3巻のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

2019年05月21日

マンガ『幸せカナコの殺し屋生活』1巻

マンガ『幸せカナコの殺し屋生活』1巻を読みました。
『幸せカナコの殺し屋生活』については以前も触れましたが、前のは『同人誌版』。
ページ数を増やした完全版が出たので、また紹介させていただきます。




広告代理店に勤めていた西野カナコ(にしの かなこ)が、転職先として選んだのが殺し屋(殺人を請け負う企業)。
自称、トロくて不器用で卑屈なカナコですが、殺し屋として一流(?)でした。
銃を使わせたらライフルでもピストルでも使いこなしちゃうし、殺すと決めたら簡単に殺しちゃうし、天才的な腕前です。
慣れるのも早くて、最初の仕事(殺し)の直後から

お酒おいしー!お肉おいしー!
人を殺して飲むお酒があんなに美味しいなんて

とか言っちゃいます。
さらに、殺しを重ねてくると、

その気になれば殺せるのに
仕事じゃないから殺さないって難しい

とか染まるの早すぎ。

もう1つの楽しさが、いろんな動物を使ったセリフで

マジマジマジマジアルマジロ

みたいなやつ。
次にどんな動物が出てくるか楽しみに読んじゃいます。



大笑い必至のこのマンガ。
本当に面白いのか、笑ってるのが自分だけなのかが気になり、同僚Aと同僚Cに読ませたら大好評でした。
※同僚Cは城プロ殿ではなく、初登場です。
4コマですが、最下段の柱も併せて、どうぞお読みください。
落ち込んだ時でも一瞬で明るくしてくれるはず。




以上、マンガ『幸せカナコの殺し屋生活』1巻のレビューでした。
posted by エカテリーナ at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

2019年05月14日

マンガ『レイリ』6巻

マンガ『レイリ』6巻を読みました。
3年半の連載もついに完結。
6巻まで読んできて、

ああ、レイリはこういうマンガだったのか

と、分かりました。
勝手に『あずみ』みたいなのを想像してたんですがね。
※4巻のレビューはこちら





主人公のレイリは、武田信勝の影武者となり、甲斐の武田に身を寄せていました。
このときの武田軍の大将は武田勝頼。

織田(信忠)軍が攻めてきたので、武田勝頼は新府城を築いて迎え撃ちます。
と思ったら、家臣の謀反により新府城を手放す羽目に。
さらに、頼った先の小山田信茂からも、岩殿山への入城を拒否されて四面楚歌。
武田軍はついに滅亡してしまうのです。

この下はネタバレなので隠します。

しかし、ただ滅ぼされるのを待っていた訳ではありません。
武田信勝が明智光秀を焚きつけ、織田信長を殺害させる原因を作ったことになってます。

えええ、本能寺の変をここで持ってくるんかい!

その他、レイリは、徳川家康が関西から逃げる際に、武田を裏切った穴山玄蕃頭(あなやまげんばのかみ)を暗殺したり、土屋昌恒の息子の平三郎を徳川家康に紹介したりと、歴史的な行動をいくつかやってます。
あー、規模は小さいけど、やっぱり、あずみに近いかも。


読んでいてツライです。
武田に限らず、みんな簡単に裏切るんですもん。
親戚だったり、妻子を人質に取られていたとしても。
昔は寿命が50年ぐらいだし、子供でも責任取って殺されるから、自分しか信用してないんでしょうね。

あとは城について。
新府城の計略が足止めなのとか、岩殿山の計略が敵味方問わず攻撃させるのって、ちゃんと史実に則ってるんですね。
今まで岩殿山って良いイメージで好きだったのにキライになりました。
もう使いません(本当)。



この漫画は武田勢の本です。
武田好きな、城好きな方はお試しください。
織田信長は酷く書かれているので、織田勢の方は読まない方が良いでしょう。
徳川勢はどちらでも良いです。





以上、マンガ『レイリ』6巻のレビューでした。続きを読む
posted by エカテリーナ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ